キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

旨味と甘味と香り、どれも最高【新潟・黒埼茶豆】

新潟が誇る枝豆ブランド【黒埼茶豆】

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

8月のお盆の頃が全盛期の茶豆です。

新潟の枝豆ブランドは、なんといっても黒埼茶豆です。

f:id:dettotranoi:20190904194611j:plain

新潟、枝豆大国

そもそも新潟が枝豆大国なのをご存じでしょうか?

 

夏になると、山盛りの枝豆が食卓に並び、それをみんなが黙々と食べ続ける・・・という光景が懐かしいです。

山盛りの枝豆=夏の風物詩。みたいな感じです。

もう、夏も終わり?だというのに、夏の思い出です。

 

新潟では、6月の下旬から10月の上旬までたくさんの種類の枝豆が次々と出回ります。

なんと、その種類40種類以上!!

作付面積は全国1位です。

県内で出荷された枝豆は、ほぼ県内で消費されてしまっているため、新潟の枝豆事情は、世間に知られていなのでは?

多く栽培されているのに、全国的に出荷されていないという事実!!

新潟県内には、美味しい枝豆がたくさんあるというのに・・・

これは、もっと多くの人に知ってもらいたいです。

黒埼茶豆

黒埼=くろさきと読みます。

黒崎✕ではなく、黒埼〇です。これ、新潟県内の人もよく間違う!!

この黒埼茶豆は、新潟の枝豆の代表品種です。

特徴

莢の毛色が茶色で、豆の薄皮の色がうす茶色。

茹でる時には独特の香りがして、ゆでた湯が茶褐色になります。

これらの特徴が茶豆と呼ばれる所以です。

 

もう1つの特徴として、8割ほどの実入りで収穫してしまいます。

これは、茶豆だけではなく新潟県内で収穫される枝豆に言えることなのですが、完全に熟した時よりも、旨味の主成分の糖とアミノ酸が多いのだそう。

 

若いうちに収穫すると、旨味や甘味を最大限に引き出させるのです。

作付面積は全国1位なのに、収穫量が1位ではないのはこのためなんですね。

実が熟すのを待ってから収穫するのではなく、若い(小さい)うちに収穫してしまうからなんだとか。

茶豆の茹で方

鮮度が命なので、すぐに茹でましょう!

①茶豆をザルにあけて流水で良く洗う。

②塩をかけて揉み込む。

f:id:dettotranoi:20190904203514j:plain

③沸騰したお湯で茹でる(4分~お好みの硬さ)。

茹でている時に独特の香りがしたり、お湯が茶褐色になりますが、茶豆はそういうものなので、ご安心を(*^^*)

④ザルにあけ、水を切る。

f:id:dettotranoi:20190904200741j:plain

⑤塩を振りかけざるを振って塩をぜんたいに馴染ませる。

※茶豆250gほどでお湯1リットル程度。

茶豆の食べ方

冷ましてから食べる!!

熱々は味見程度にして、しっかり冷まして、冷やした方が、甘味、旨味をしっかり感じられます。

★食べ切れない場合は、硬めに茹でて冷凍保存がおススメです。

f:id:dettotranoi:20190904194611j:plain

まとめ

新潟の枝豆は時期によっていろんな種類を楽しめますが、特に黒埼茶豆は、甘味、旨味、香り、どれも最高で、止まらなくります。

これは、1度食べたら忘れられない美味しさです。

紹介するのが遅くなってしまい、黒埼茶豆の時期は過ぎてしまいましたが、

新潟にはまだまだ美味しい枝豆があります。

10月上旬くらいまでは、新潟の枝豆が楽しめますよ~♪

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 旬の枝豆↓ 

 黒埼茶豆冷凍↓ 

冷凍枝豆 新潟黒埼茶豆 300g 5袋入り

冷凍枝豆 新潟黒埼茶豆 300g 5袋入り

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub