キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

繰り返し作りたくなる定番のクルミパン~ポイントは【甜菜糖】の優しい甘さと【グラハム粉】の食感の良さ

繰り返し作りたくなる自画自賛のクルミパンレシピ

f:id:dettotranoi:20191125195127j:plain

今までに、パンのレシピをどのくらい作ってきたのか・・・ちゃんと数えてきていないので、正直、分からないのですが、

その中でも、繰り返し、繰り返し・・・作っている定番レシピが、このクルミパンです。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

クルミパンとパン作り

もう、20年(以上?)前ですが、初めて食べたクルミパンが美味しくて、その時のクルミパンの味が理想的で、

自宅でクルミパンが焼きたい!!(・・・正確には、食べたい!!)と思い、それがきっかけでパン作りを始めました。

当時はレシピを作った事がなかったので、いろんなレシピを試していました。(外国産の小麦のレシピの水分を調節して作っていました)

が、なかなか自分好みで、コレだ!!・・・というクルミパンのレシピには出会えず・・・。

国産小麦のパン作りは、まだメジャーではなかったので、レシピ自体がなかったんですね。

それで、レシピ作りから始めるパン作りをすることになりました。

以前に焼いていたクルミパン 

以前良く作っていたクルミパンでです。

f:id:dettotranoi:20191125200130j:plain

1番始めの画像に比べると、こちらの方が、表面はなめらかでツルツルした見た目です。

上白糖ではなく甜菜糖(てんさいとう)を使ってほんのり甘さを出しました。

甜菜糖の優しい甘さを感じるクルミパンで、万人ウケするタイプです。

甜菜糖とは?

別名サトウダイコンとも呼ばれますが、ビーツの一種です。

上白糖に比べて甘味がやわらかく感じます。
寒い地域で育った食物は寒さに強いので、甜菜糖も身体を温める作用があると言われています。
それと、腸内環境を整えるオリゴ糖が多く含まれているのも特徴です。

 このクルミパン、これはこれで、すごく美味しいのですが・・・少し物足りなさを感じるようになってしまい、レシピを改良、というかアレンジしました。

 

クルミパンも、いろんなタイプがありますよね?

私の好みは、おやつ感覚で食べられ、ハード過ぎず、甘味がほんのり感じられるものです。

そして、なんとなく、素朴感があるものが好きです。

繰り返し作りたくなる定番のクルミパン

基本のクルミパンは、ふんわり優しい甘さのクルミパンでしたが、なにか物足りない・・・。

ライ麦や全粒粉などを少し配合した方が、素朴感が生まれます。以前は、ロースト胚芽を加えていましたが、ちょっと保存が面倒だったりで、今度はグラハム粉を加えてみました。

これが、自分の好みにピッタリとハマりました!!

甜菜糖の優しい甘さはそのままに、グラハム粉が加わることによって、グラハム粉独特の香りと食感の良さが加わります。クルミの香ばしさや食感とも高相性です!!

 

それ以来、グラハム粉入りのクルミパンが定番となり、繰り返し作っています!!

★コチラ【Snap Dish】でもレシピ↓を紹介しています。

snapdish.co

グラハム粉

全粒粉の一種なのですが、

小麦を胚乳と表皮、胚芽に分けてから、胚乳を普通の小麦粉と同じ細かさに挽き、表皮と胚芽は粗挽きにして両方を合わせたものがグラハム粉です。

レシピ

材料と作り方です。

 

ゆめきらり         80%

グラハム粉         20%

甜菜糖           13%

サフ※          1.5%

全卵            10%

水             54%

塩            1.3%

無塩バター         8%

クルミ                 30%

※サフは赤ラベル使用。

耐糖イーストの金サフでも良いですが、赤サフでも問題ありません!!

 

① クルミはあらかじめ160℃で10分程ローストし、細かく砕いて冷ましておく。

f:id:dettotranoi:20191125205440j:plain

 ※トッピング用に分けておく。

② 生地作りをして、クルミを混ぜた状態で一次発酵まで済ませる。

f:id:dettotranoi:20191125205412j:plain

★グラハム粉が入っているので、ブツブツ感があります!!

③ フィンガーテストをしてから分割、丸め、ベンチタイムを10分取る。

f:id:dettotranoi:20191125210022j:plain

今回は300gの生地を15分割。おやつ用なので、小ぶりサイズです。

f:id:dettotranoi:20191125205806j:plain

★いきなり15分割するのではなく、3分割して1つを5分割にしていきます。

④ ベンチを取った生地を再び丸め直す。

f:id:dettotranoi:20191125210150j:plain

★左がベンチ終了後の生地、右側が丸め直した生地。

⑤ 少し生地を平らにして、ハサミで5か所切込みを入れる。

f:id:dettotranoi:20191125210722j:plain

★二次発酵に入る前のカットは、深めにしっかり入れた方が良いです。

⑥ 天板に並べて二次発酵させる。

f:id:dettotranoi:20191125211023j:plain

⑦ 二次発酵完了後、塗り卵をする。

f:id:dettotranoi:20191125212601j:plain

⑧ 真ん中にクルミを載せて、ギューっと押す。

f:id:dettotranoi:20191125212820j:plain

⑨ 190℃で13~15分程焼成する。

f:id:dettotranoi:20191125213538j:plain

★いつものように、オーブンの温度、時間は調節して下さいね!!

まとめ 

グラハム粉が入ることでザックリとして、食感が良くなります。卵入りの生地なので、重くならず、軽めな仕上がりで、止まらなくなりますよ(´艸`*)

f:id:dettotranoi:20191125215050j:plain

甜菜糖の優しい甘さとグラハム粉の素朴感が、クルミとも高相性です!

繰り返し作りたくなる自画自賛のクルミパンでした。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub