キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

クロワッサンより簡単なバターの折り込みパン【バターフレーキー】

少ない量で作るから簡単!バターフレーキーの作り方

f:id:dettotranoi:20191024000703j:plain

10月も終わりに近づき・・・ハロウイン月間という事で少し意識してかぼちゃを使ってみました。

 季節的に、少し寒くなって来たので、パン作りは快適で、クロワッサンやデニッシュなどのバターの折り込み作業もしやすくなります。

・・・と言いつつ、昨日はうちのリビング(南向き)は29度まで上がってました(;'∀')

 かぼちゃを使ったバターの折り込みパン

【バターフレーキー】の作り方です。

今回も時短を意識しています。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

バターフレーキーはどんなパン?

フレーキーではなくフレーキと呼ばれる事もあります。

本来は、flaky pastry(フレーキー ペストリー)のこと。

 

クロワッサンのようにバターを折り込むのですが、

クロワッサン程、バターの量が多くないことが一般的です。

クロワッサンが粉に対して、50%くらいのバターが入りますが、バターフレーキーは30%程でも作れます。

f:id:dettotranoi:20191024131307j:plain

焼き方にもよりますが、ブレッド風の仕上がりにする事が多いです。

 

ブレッド風の見た目ですが、食べ切りサイズの小さいものから、食べきるにはちょっと大きすぎるものまで存在します。

食べ方は??

ブレッド風ではありますが、生地にはしっかり砂糖が入っているので、お食事系というよりは、甘い系のおやつパンです。

 バターの量が少なめなこともあって、バターを折り込んでいますが、クロワッサン程サクサク感は出ません。

どちらかというとふんわり、しっとりした食感になります。

f:id:dettotranoi:20191024132940j:plain

flaky=フレーキーは、薄片の意味なので、ハラリと層がはがれるイメージです。

層を剥がしながら食べられる楽しいパンです。

パンプキン・バターフレーキーの作り方

あらかじめ用意したもの

✦折り込み用バター(粉の総量の30%)

f:id:dettotranoi:20191024145947j:plain

折り込みバターは↓コチラの記事を参考に作ってみて下さいね!

www.da-chiara-pan.com

 ✦かぼちゃフレーク

かぼちゃフレーク / 100g TOMIZ/cuoca(富澤商店)

かぼちゃを蒸らして生地に混ぜ込んでもOKですが、今回は手軽に使えるかぼちゃフレークを使いました。 

材料

煉瓦             80%

かぼちゃフレーク       20%

メイプルシュガー        8%

サフ          1.5%

全卵            15%

水                  57%

スキムミルク            2%

塩              1.3%

無塩バター             7%

 

✤折り込み用バター   30%

 

✱メイプルシロップ  適量

    ※インスタントドライイースト サフ  赤ラベル

作り方

① 一次発酵終了後に適当な大きさに手で平にしてバットに入れ冷凍庫で10分冷やす。

クロワッサン、デニッシュは気を使わなくて良いので・・・丁寧よりも早さを優先です!

※バットはオイルを塗ってから使用。

f:id:dettotranoi:20191028194803j:plain

パンの型にも使えるオイルスプレーを使っています。

スプレークッキングオイル ベーカーズセパレ 【品番】WOI01

② バターを片側に寄せて載せます

f:id:dettotranoi:20191028195243j:plain

③ バターが載っていない方から、三つ折りします。

f:id:dettotranoi:20191028195406j:plain

④ 麺棒がくっ付かず、素早く伸ばすために粉を振ります。

f:id:dettotranoi:20191028195828j:plain

茶こしを使うと良いですよ。

⑤ 粉っぽさが残らないように、余計な粉を刷毛を使って払います。

f:id:dettotranoi:20191028200122j:plain

⑥ 麺棒を少しずつ動かし、押し当てていく。

f:id:dettotranoi:20191028200312j:plain

左右上下に。

⑦ 左右に麺棒を動かし、伸ばしていく。

f:id:dettotranoi:20191028200541j:plain

⑧ 上下に伸ばしやすくするために角出しをする。

f:id:dettotranoi:20191028201914j:plain

★生地の右側を伸ばす時は麺棒の左側を使い、

生地の左側を伸ばす時は麺棒の右側を使います。

f:id:dettotranoi:20191028202435j:plain

この形になればOK!!

⑨ 麺棒を使い上下に伸ばし、長方形にする。

f:id:dettotranoi:20191028202505j:plain

★真ん中から上、真ん中から下という具合に真ん中から伸ばす事で長方形になります。

f:id:dettotranoi:20191028202732j:plain

f:id:dettotranoi:20191028202908j:plain

⑩ 三つ折りにする。

f:id:dettotranoi:20191028203101j:plain

⑪ 三つ折りにした生地をバットに入れ冷凍庫で10分冷やす。

f:id:dettotranoi:20191028203317j:plain

★三つ折りするので、これだけでもバターの層が出来ます。
この作業を繰り返す事で、バターの層が増えていく・・・というのが折り込み作業です。この作業をロールインと言います。

⑫ 冷凍庫から出したら、④~⑪の工程をもう一度繰り返す


⑬ 麺棒を左右に伸ばし、10㎝×30㎝にする。

f:id:dettotranoi:20191028203921j:plain

⑭ 中心を少しずらし、四つ折りにする。

f:id:dettotranoi:20191028204157j:plain

★中心に菜箸を置いて、目印にしておると良いです。

f:id:dettotranoi:20191028204523j:plain

★合わせ目をしっかりくっ付けて、ここから二つ折りにすることで

四つ折りになります。

f:id:dettotranoi:20191028204739j:plain

横から見るとこんな感じです。

⑮ そのまま麺棒を使って10㎝×22~25㎝程に伸ばす。

f:id:dettotranoi:20191028205027j:plain

⑯ 型やケースに合わせてカットして、並べていく。

f:id:dettotranoi:20191028205235j:plain

※実はブレッド1本サイズなのですが、ケースにして2つ分にして作ってみました♪

⑰ バターが溶けださないように、低めの温度で二次発酵させる。

f:id:dettotranoi:20191028205505j:plain

⑱ オーブンを200~210℃に予熱する。

⑲ 表面に卵を塗る。

⑳ 12~15分程度焼成。

 ※オーブンの温度、時間は調整して下さい。

㉑ 熱いうちにメイプルシロップを塗る。

f:id:dettotranoi:20191028210044j:plain

まとめ

f:id:dettotranoi:20191028210512j:plain

クロワッサンやデニッシュよりもバターの量が少ないので、失敗が少なく、素早く作り上げることが出来ます。

クロワッサンを作った後なら、余計に簡単に思えてしまいますよ(´艸`*)

f:id:dettotranoi:20191028210537j:plain

剥がしながら食べましたが、メイプルシロップを塗ったので、手がベタベタ~。

でも、これが、美味しいのです(´艸`*)

ぜひ作ってみて下さいね~♪

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub