キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

生食パンの定義と生食パンの食べ方

ミミまでやわらかい生食パンを使ったスイーツ系サンド

f:id:dettotranoi:20190924232839j:plain

大豆のスイーツ粉を配合した生食パン使用です。

マルコメ 辻口博啓監修 糖質50%オフのスイーツ粉 【小麦粉不使用】 200g×12個

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

生食パンの定義

最近、当たり前のように使われている生食パンですが、

形は普通の食パン変わりません。

では、なぜ生食パンと呼ぶのか??

ハッキリとした定義はないようですが、私なりの解釈をすると、

トーストするよりも、そのままで食べることで美味しさを感じられる食パンです。

サンドイッチにピッタリのしっとり感。

そのままで美味しいので、ワイルドにちぎって食べるのもアリなんです!

トーストせずにそのままで美味しいのと、口どけの良さを“生”と付けることで、表してるのではないでしょうか?

決して、生焼けの生ではありませんよ(笑)

 

高級生食パンと言うのもありますが、材料に拘っていたり、乳製品が多く含まれていることで高級と付くものもあります。

生食パン特徴

そのまま食べても美味しい生食パンですが、ミミがやわらかい事も特徴です。

 

一般的な食パンは、ミミまでしっかり焼くことで、腰折れしたり、潰れたりせずに、時間が経っても形をキープ出来ます。ミミを焼き固めてるイメージですね。

 

それに比べて、生食パンは、ミミまでしっかり焼かれる事は少なく、腰折れギリギリ・・・もしくは、腰折れぎみの物が多いです。

ミミに焼き色を付けずに食パンを焼けば、普通は、腰折れします。

生食パンは、ミミまでやわらかいけれど、腰折れしないギリギリの焼き方、おそらく低温焼成をしていると思われます。おそらく企業秘密ですが。

バナナとピーナツバターとカスタードクリームサンド

f:id:dettotranoi:20190923205746j:plain

大豆のスイーツ粉を配合して作ってみた生食パン。

仕上がりは、しっとり口どけの良いスイーツのような食パンでした。スイーツ粉の良さが全面に出ています!

 

ナイフを入れる度に潰れていきますが、

なんとかスライスして、フルーツサンドにしてみました。・・・フルーツと言っても、バナナなんですけどね。

f:id:dettotranoi:20190924232459j:plain

ピーナツバターを両面に塗って、1枚に、半分に切ったバナナと、サンドした時に隙間が埋まるようにカスタードクリーム絞って、もう1枚を載せて、断面が見えるようにカットします。

 

カスタードとホイップクリームと迷いましたが、ホイップだと重くなるそうだったので、カスタードにしました。

f:id:dettotranoi:20190924232839j:plain

ピーナツバナナとカスタード、ピッタリ合うんですね!

スイーツ粉を使用した生食パンなので、口どけの良い仕上がりで、スイーツ感覚で食べるのもおススメです。

まとめ 

ミミまでやわらかい生食パンを作ってみましたが、たまに食べるには良いですね。

以前はしっとり口どけの良いものが主流だった生食パンですが、生食パンを扱うお店が増えた事によって、モチモチタイプやハードな食感のタイプなど・・・一言では語れなくなってきました。

お店独自のオリジナル性のある生食パンもいろいろあるので、お店でチェックしてみて下さいね!

 

大豆のスイーツ粉を使った生食パンのレシピは↓コチラから。

www.da-chiara-pan.com

 大豆のスイーツ粉↓を配合しています。 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub