キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

紅茶酵母ストレート法でセーグル・ノア・レザン

ストレート法で作るパンとは?

前回、紅茶で酵母を起こす方法を書きましたが

今回は、実際に紅茶酵母で作るパンです。 

スポンサーリンク

 

 

紅茶で酵母を起こす方法は↓コチラの記事からです。 

www.da-chiara-pan.com

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

ストレート法

ストレート法とは、出来上がった酵母液を元種を作らずに、水と混ぜて、そのまま仕込む方法です。

イーストで作るパンも、一般的にはこの方法です。

イーストは安定した優秀な酵母なので、短時間でパン作りが完成しますが 、自家製酵母の場合はというと・・・・

自家製酵母で作るストレート法のパンの特徴

イーストに比べて、自家製酵母ストレートのパンはというとまず、発酵時間は長時間になります。

一次発酵で10時間越え・・・は普通です。今回は15時間ほど。

 

一次発酵だけで、これだけ時間がかかるので、とても、とても、気が遠くなりますね。

2時間程度で出来てしまうイーストのパン作りに慣れていると、余計に時間がかかると感じてしまいます。

 

そして、時間がかかる割に、ボリュームも出にくく、ムッチリした食感になる、という特徴もあります。

本来の自家製酵母ストレート法の良さは?

長時間発酵の自家製酵母ストレート法は、あまりメリットを感じない気がしますが・・・何か良い事はあるの?と思ってしまいますよね。

 

自家製酵母ストレート法の本来の良さは、香りと風味ではないかなと思います。

粉の味よりも、酵母の香りをそのまま感じることが出来ます。

酵母の香りがそのまま活かされます。

そして、長時間熟成された独特の風味。

これらが自家製酵母液ストレート法の良さです。

紅茶酵母の香りは?

紅茶酵母も、ストレート法で作ったら

きっと良い香りがしそう!!と期待しますよね?

 

これが酵母の面白い所でもあるんですが、紅茶酵母で焼き上げたパンは、それほど良い香りにならないです。

 

良い香りではない、と言ってしまうと語弊がありますが

フルーツを酵母にした時に芳醇な香りに変化するような変化は、紅茶酵母では感じられないという事です。

 

ほのかな紅茶の香りのまま、パンに仕上がります。

 

どういう意味かというと、イーストで作るパンと同じように、仕込み水を紅茶で作った時の香りと同じ、なんです。

紅茶の香りはするけれど、自家製酵母らしい香りがあまりしません。

 

もし、良い香りにこだわるのであれば

アールグレーなどの強い香りを選ぶ方が良さそうです。

 

紅茶酵母の良さは?

香りは、酵母の香りというよりも紅茶そのままの香りですが、紅茶酵母の良さは、いったい何でしょう?

 

ズバリ、発酵力の強さにあると思います。

f:id:dettotranoi:20190718160806j:plain

紅茶酵母ストレート法で作ったセーグル・ノア・レザン

セーグル=ライ麦、ノア=クルミ、レザン=レーズン

※フランス名表記です。この名前のパンはパン屋さんではおなじみですが、形に決まりはないようです。

仕込み水のうち40%程度が紅茶酵母液で、残りは水です。

 

ストレート法なので、あまりボリュームは出ず小さくまとまっていますが、生地がダレることもなく、弾力をキープしたまま完成しました。

発酵が進むほどに強くなる感じです。

これは、元種作りでも感じます。

↓断面。

f:id:dettotranoi:20190718164349j:plain

食感もムッチリしているはずのストレート法ですが、思いのほかふんわりでした。

 

ライ麦を30%ほどの配合なので、それほど重くなく、クルミとレーズンとの相性も良いです。

香りはというと

やはり、ライ麦の香りの方が勝り、ほのかな酵母の香りは、すっかりライ麦の香りに侵されました。

まとめ

酵母の種類によって香りや風味は全く異なるので、自分好みの酵母を知るために、酵母を起こしたら、まずはストレート法で作ってみるのは良い方法です。

酵母らしい香りを感じたいのであれば、やはりフルーツがおススメです。

 

紅茶は、とても強くて安定感のある酵母が出来ます。

発酵力の強さには定評がありますので、酵母として使う分にはお勧めです。

 

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub