キアラの気まぐれ料理とパン日記

気まぐれな料理と自家製酵母パンなどの日記と時々健康オタク

食感がクセになるグラハムくるみパン

ザラザラ食感がクセになるグラハム粉でクルミパン

 

スポンサーリンク

 

いちご酵母元種を使った中種法

自家製いちご酵母エキスがまだまだ残っています。

もう、そろそろ夏だっていうのに・・・

5月に起こし始めた酵母ですが

いまだに元気。

なので、もう少し、いちご酵母でパン作りします(^^;

f:id:dettotranoi:20190612100246j:plain

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

元種を使った中種法。

元種についてはコチラ↓ 

www.da-chiara-pan.com

中種法は材料の一部を使い、あらかじめ発酵させた生地を混ぜて、新たにパンを捏ねる製法です。

中種法の良さは、ずばり発酵が安定する事にあります。

元種作りも、酵母液と粉の割合がレシピによっては様々なのですが、基本は1:1で若干粉を多めにすると扱いやすい元種になります。

私は、液種っぽいゆるゆるの種はせず、しっかりとしたパン生地のような発酵種になるように作っています。

いつもなら、粉と酵母液を3回ずつ継ぎ足して完成する元種ですが、元気な酵母だったので2回目でパン生地に混ぜて使いました。

f:id:dettotranoi:20190612100659j:plain

画像の順番が逆になりましたが・・・

クルミを30%ほど混ぜました。

砂糖は控えめにして、てんさい糖を使います。

 

クルミとてんさい糖がすごく良く合うので、くるみパンを焼く時は、ほぼ、てんさい糖を使う事にしています(´艸`*)

f:id:dettotranoi:20190612100933j:plain

グラハム粉って??

グラハム粉についてもサラ~と触れておきます。

これは、全粒粉の一種です。

小麦を胚乳と表皮、胚芽に分けてから、胚乳を普通の小麦粉と同じ細かさに挽き、表皮と胚芽は粗挽きにして

両方を合わせています。

全粒粉よりもザラザラしているので、口当たりは悪いのですが、このザラザラ感が焼き上がるとザックリとした食感になりクセになるんです。

 

このグラハム粉になれてしまうと、普通の全粒粉では少し物足りなく感じるようになります。

f:id:dettotranoi:20190612101319j:plain

くるみパンの定番の形

くるみパンと言えば、切込みを入れたこの形が定番ですよね~?!

これは、成形と同時にカットするので、思いっきり、潔くカットするのがポイントです!

f:id:dettotranoi:20190612101418j:plain

二次発酵後には、真ん中に飾り用のクルミをぎゅ~っと押し付けて焼きます♪

しっかり押すのもポイントです。

f:id:dettotranoi:20190612101512j:plain

グラハム粉のブツブツ感が出ています(´艸`*)

自家製酵母らしく、イーストで作る時よりも、シンプルな配合を心がけているんですが・・・もう少し甘くしても良かったかな??という感じの仕上がりでした(^^;

f:id:dettotranoi:20190612101712j:plain

なんとなく、餡子を足して食べたくなります。

それでも、グラハム粉とクルミが芳ばしくって、食感も良いです。

ほのかに甜菜糖の甘みを感じるくるみパンになりました♪

※国産小麦『煉瓦』使用です。

 

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)ペコリ

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

view raw adsence2 hosted with ❤ by GitHub